ターボ機械協会 第55回セミナー

[2002年5月22日(水)〜23日(木)]

 

「水車およびポンプ水車の理論と障害事例」

 

水車およびポンプ水車に関する本セミナーは協会発行図書「ハイドロタービン」を執筆された講師をお招きして過去6年間多くの参加を頂き毎年開催してまいりました。今年は、基礎的な理論と特性に、最近急速に発展してきました性能開発における流れ解析技術(CFD)の適用など新しい技術トピックスを加えました。また、セミナー終了後のアンケート等で「今後の仕事に役に立つ」などご好評をいただき、またご要望の多かった「障害事例」を講師のご厚意により再度設けました。水力に携わっているベテラン技術者の実務から将来を担う技術者の育成に役立つ内容としましたので多数のご参加をお願いします。

 

協 賛:(社)日本機械学会、(社)電気学会、(社)火力原子力発電技術協会、

(社)腐食防食協会(予定)

日 時:平成14年5月22日(水)10:00〜23日(木)16:00

会 場:科学技術館 6階第一会議室 (東京千代田区北の丸公園2-1 TEL03-3212-3939)

(参加申し込み者へは詳細地図お送りします)

参加費:会員(含協賛会員)35、000円、非会員50,000円、学生10.000円(資料代を含む) 

[第55回セミナープログラム]

日  時

題  目

内  容

講  師

22

(水)

10:00〜12:00

理論と特性(1)

水車の相似側、羽根車理論、内部流れと水力特性、キャビテーション特性などについて説明する。

名古屋大学工学院

長藤 友建

13:00〜15:00

理論と特性(2)

同 上

同上

15:10〜17:00

最近の性能開発に関する話題

性能換算、性能開発におけるCFDの適用など事例を含めて説明する。

同上

23

(木)

9:30〜12:00

水力発電所の障害事例(1)

水力発電所の障害を例に、水力機器の設計・保守・運転におけるポイントを理論的に説明する。

元東芝 技術顧問

田中 宏

13:00〜16:00

水力発電所の障害事例(2)

同 上

同上

注)適宜休憩と自由討論の時間を設けます。

テキスト:資料は当日配布致します。参考テキストとして「ハイドロタービン」ターボ機械協会編(日本工業出版)を使用します。お持ちになっていない方には受付で販売いたします。(定価3,200円)

定  員:80名

申込方法:裏面申込用紙、E-mailまたはFAXで(1)参加者名、(2)連絡先住所/電話番号、

(3)社名(学校名)/所属、(4)会員/非会員の別、(5)第55回セミナーを明記の上お申し込み下さい。折り返し、参加証とご請求書をお送りします。参加費は現金書留または銀行振込にてお支払い下さい。(振込銀行:富士銀行駒込支店 普通預金932599 ターボ機械協会)

申込先 :E-mail:turbo-so@pop01.odn.ne.jp

113−8610 東京都文京区本駒込6−3−6(日本工業出版ビル)

      ターボ機械協会セミナー受付係 (TEL:03-3944-8002, FAX:03-3944-6826)

申込期限:平成14年5月17日(ただし、申込先着順により定員になり次第締切ります)